TOP » 無制限

デザリング機能も使える2017年おすすめの格安SIM

月額料金が低額で人気が出てきている格安SIMですが、最近では、テザリング機能やバースト機能を備えた格安SIMや、かけ放題プランやファミリーシェアプランなど、大手通信キャリアと同じようなサービスを提供している格安SIMも登場しています。たくさんのMVNOがあるので、他社との差別化を図るため独自のサービスを提供している格安SIMも増えています。そんな格安SIMの機能や利便性を比較して、おすすめの格安SIMを紹介します。

おすすめの格安SIM

格安SIMの利点は月額料金の安さです。さらに「機能や利便性をプラス」させたおすすめの格安SIMを紹介します。

  • DMMモバイル
    大容量のデータ通信プランを業界最安値の月額料金を掲げています。データ通信のみでは、20GBのデータ量でで3,980円、同じ金額で15GBのデータ量込の通話機能付きも利用できます。これだけのデータ量があれば、外出先でテザリングしてPCやタブレットを使用したとしても安心です。余ったデータ通信量は、翌月へ繰り越せるので無駄なく利用できます。
  • mineo
    通常、格安SIMは大手通信キャリアの回線を一部利用して運営しています。mineoはdocomo、auのどちらの回線にも対応しているので、今使っているスマホをそのまま使えます。料金はdocomoとauで少し異なりますが、au回線で大容量のプランを選べるのは、mineoだけです。データ量は最大30GBまで選ぶことができます。余ったデータ量を家族や友人、ユーザー同士で分け合えるという独自のサービスも展開しています。

格安SIMの機能を比較

格安SIMの種類は豊富で、それぞれメリット・デメリットがあります。どれを選ぶか迷うときは、使用状況に合ったプランを提供している格安SIMを、いくつか「ピックアップして比較検討してみる」と良いでしょう。

例えば、データ量を超えた場合、大抵の格安SIMは低速通信になります。しかしバースト機能がついている格安SIMは、WEBサイトのページの切替などをスムーズに行なえます。また、高速にするか低速にするかを設定できます。低速通信の時、データ量にカウントされませんので、上手く切替えて容量を節約することが可能です。

外出先でモバイル機器を利用する場合、テザリング機能があると便利です。もちろんルーター代わりになる機器にテザリング機能がついている必要と、回線がテザリングに対応している必要があります。持っている端末にテザリング対応している回線かどうかで、格安SIMを決めることもできます。

格安SIM戦争が激化する2017年

2017年になって、格安SIMの機能はますます充実してきています。従来のサービスに加えて、「独自のサービス」を展開しているMVNOを幾つか紹介します。

人気急上昇中の格安SIMはmineoです。mineoユーザーが、余ったパケットをフリータンクに入れ、足りない人がそこから1GBもらえるというサービスや、月額800円で通信が混雑する時間帯でも快適な通信環境を提供するプレミアムコース、といったサービスを提供しています。

またLINEモバイルは、LINEやFacebookなどのSNSアプリを無制限に利用できるプランを提供しています。

連絡手段はLINEという方は、LINEフリープランを利用するなら、LINEのみですがカウントフリーとなり無制限で利用できます。もちろんLINEの音声通話無料も無料対象です。このプランはデータ通信のみのタイプになりますが月額500円から利用できます。

デザリングも出来る格安SIMが便利!

最近はタブレットやパソコンを使って様々なサービスを利用する方も多いでしょう。そういう「必要なときだけインターネットに接続できる」、テザリング機能はとても便利です。格安SIMでテザリングするなら、WIFIを自宅に引くより低コストでインターネットを利用できます。大容量を低額で利用できるプランを提供していたり、高速通信も使える格安SIMもあるので、安心してテザリング機能を使用できます。

しかし、テザリング対応していない機種や回線があるので、利用を考えるときは、回線と対応端末をしっかり確認しましょう。

多機能格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMには様々な機能や独自のサービスがあり、料金プランも多様です。この「選択肢の多さ」は、格安SIMを利用するメリットでしょう。また、格安SIMには大手通信キャリアのように「2年縛り」での契約がありません。最低利用期間が0?12か月程度の設定なので、実際に利用してみたものの他社に変えたい、というときも気軽に変更できるというメリットもあります。

デメリットはやはり「通信速度が遅くなる」格安SIMが多いことです。全ての格安SIMに当てはまるわけではありませんが、テザリングなどの機能を利用すると、通信速度が約半分に低下する場合もあります。

しかし、コストはかかりますが高速通信にすることもできますし、MVNOも回線増強に取り組んでいるので、この点が解決される日も近いかもしれません。