TOP » ソフトバンク

iphoneに格安SIMを入れた時の通信速度はどうなる?

現在iPhoneを使用している方は多いでしょう。iPhoneにはドコモ、au、ソフトバンクなどキャリア向けのもの、ネットや家電量販店、Appleストアで購入したものなどあります。SIMフリーやSIMロックしたiPhoneなら、格安SIMを使える可能性は高いです。でも実際に、今使用しているiPhoneで格安SIMを使っても問題はないのかと不安に思うかもしれません。キャリアから格安SIMを利用する際「不安に思うことに通信速度が遅くなる」という点が挙がっています。iPhoneで格安SIMを使用した際の通信速度や格安SIMとの相性について説明します。

他の格安SIM対応機種との比較

iPhoneと他の格安SIM機種の通信速度は、実は「同じ」です。通信速度は格安SIMによるからです。使っているiPhoneに通信速度の早い格安SIMが対応しているかどうか、が重要となってきます。また、格安SIMの回線によっても通信速度が変化することはあります。例えば、au回線の格安SIMの中には、3日間で3GBや6GBなど、一定量の通信量を超えて使用した場合、帯域制限がかかり、通信速度を制限されます。でも数日過ぎるとまた元の速度に戻ります。これはiPhoneであっても、他の機種であっても同じです。通信会社ごとのルールだからです。

格安SIMの通信の仕組み

格安SIMを扱っているMVNOは、ドコモなどの大手通信キャリア(MNO)のように、自社の通信回路網を持っていません。MVNOはMNOの回線網を一部レンタルして、MNOと同じようなサービスを提供しています。でも直接利用しているのではなく、「各MVNOのサーバーを経由」させています。

キャリアも格安SIMも無線基地局は同じなので、電波の繋がりやすさ、繋がるエリアは同じなのです。しかし、キャリアと比べて格安SIMの通信速度が遅いのには、様々な要素が関係していますが、サーバー自体の処理能力も関係しています。サーバーの質で同じMVNOでも通信速度に違いが出てきます。

iphoneで格安SIMが使うには

iPhoneを新しく購入して格安SIMを使う場合は、ネットなどでドコモのiPhoneまたはSIMフリーのiPhoneを購入すると無難です。今使っているiPhoneを利用する場合は、そのiPhoneが「格安SIMに対応しているか」を確認しましょう。

  • ドコモのiPhone
    ドコモ系の格安SIMを利用できます。au系の格安SIMを使用する場合は、SIMロックを解除すれば利用できます。またドコモのiPhone6s以上は、ドコモ系の格安SIMを利用する場合でもSIMロックを解除したほうが良いでしょう。
  • auのiPhone5s以上
    au系の格安SIM(LTE用SIM)を使用できます。しかしドコモの系の格安SIMやマルチSIM(VoLTE用SIM)を使用する場合は、SIMロックの解除が必要です。auのiPhone6以前はSIMロックの解除ができませんが、iPhone6s以上であればロックの解除をおすすめします。
  • ソフトバンクのSIMロックを解除したiPhone6s以上
    ドコモ系、au系の格安SIMを使用できます。それ以外のiPhoneで格安SIMを使用することは、おすすめしません。
  • SIMフリーのiPhone5s以上
    そのままドコモ系、au系の格安SIMを使用できます。ドコモ系の格安SIMなら、テザリングも可能なのでおすすめです。

解約したiphoneに格安SIMを入れる

解約したiPhoneで格安SIMを使うには、「SIMロックの解除が必要」になる場合もあります。上でも少し説明しましたが、キャリア向けのiPhoneはSIMロックの解除をしたほうが使い易いです。ドコモの場合は、iPhoneを分割払いで購入した場合、購入から100日経過後、一括払いで購入した場合は購入日よりSIMロックの解除が可能です。しかし、ドコモを解約して3ヶ月経つとSIMロック解除の手続きは出来なくなります。

auの場合、iPhoneを分割払いで購入した場合は、購入から101日経過後に、一括払いで購入した場合は支払確認後よりSIMロックの解除が可能です。制限がないので、手数料を払えばSIMロックの解除をしてもらえます。

格安SIMでiphoneを使うメリット・デメリット

現在使用中のiPhoneで格安SIMが使えるなら、SIM解除のロックが必要な場合でも、使い慣れたiPhoneを使用し続けることができます。アプリの種類も多く、使い勝手が良いと評判のiPhoneを、キャリアよりも低額で利用できるというのは、大きなメリットです。

しかし、逆にSIM解除のロックをしなければ格安SIMを使えないというのは、デメリットにもなります。au系の回線に対応している格安SIMは少ないので、auのiPhoneを使用している方はSIMロックの解除が必要です。また他の機種と比べると、iPhoneのテザリングに対応していない格安SIMも多いというデメリットもあります。

確実に成長を遂げている格安SIMで、快適にiPhoneを使える日も近いのではないでしょうか。